忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

社長


社長は少し馬鹿がいい。ラジオで言っていました。社員と仲良くする。取り締まりクラスの人達より社員と仲良くするというのがいいようです。なぜなら、有名なテレビドラマのセリフのように、社員の方が現場を知っているからだそうです。その社員と仲良くし、その社員の意見を聞いたり悩みを聞いたりしてコミュニケーションを取った方が、会社はいい方向に向かうのだそうです。うん、そういわれればそうかもしれませんね^^。社長は少し馬鹿なくらいがいいと言われますが、本当に馬鹿だったら会社は傾きますからシャレになりませんね^^;。かといってあまりに厳し過ぎて怖い社長も社員が委縮してしまってこれまた仕事に支障をきたして経営が傾いてしまう恐れがあります。会社を興したのは社長かもしれませんが、助け合うことが出来る社員がいてくれてこそ、経営は成り立つものだと思います。不況だからと従業員を切っている企業が多いですが、逆に状況はさらに悪いものになっています。

キーワードに沿ってコンテンツの文章量増やすなら「SEOの力」となる
競合サイトと比較して検索経由のアクセス流入少ない理由原因と解決法
脱SNSで使える時間は大幅増。SNSは時間とエネルギーを大量に食う。脱SNSでSEOに時間を回す
順位が安定するURL。コンテンツのキーワード最適化と情報量がカギ
名サイト管理者ほどSEO・SEMの大局判断誤ら無い。大局の正情報把握が命
「検索順位が中々上がらない=激しい競争が存在している」。被リンク競走
「検索ユーザーの役に立つか?」で重複コンテンツのGoogle評価は変わる
重複コンテンツ放置によりWebサイトに齎されるSEO集客「不利益」2つ
URLのドメイン名のみ異なりディレクトリ名ファイル名は同じ。問題は?
記事投稿を1つのブログに「一点集中」させYahoo(=Google)での評価を高める
多くの城(勝てるキーワード)押さえて収入途絶えない状態作るのが先決
2011年~2013年は検索世界の変り目。この期間挟んで旧時代と新時代に
Google検索順位大変動。ペンギン2で被リンク緩和。再度被リンク寄りにアルゴリズムアップデート
毎月の被リンク対策効果の最大化に必要な「規模の最適化」という視点
被リンク対策とリスクはセット。末端URL群でSEO集客しリスク限定
中小検索エンジン登録で期待できるのは「短期的な被リンク効果」のみ
PR