忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

解析


グーグルが新しいアクセス解析ツールを公開したとITmediaニュースが記事を配信していました。グーグルの新しいアクセス解析の名称は、「UniversalAnalytics」。ユニバーサルアナリティクス。・・・なぁんでこんな長い名称にしたかな^^;(笑)。今までのGoogleAnalyticsを強化したものが、UniversalAnalyticsだそうです。GoogleAnaliticsを使ったことはないのですが、どのように新しくなるかというと、匿名化されたトラッキングIDを使ってユーザー単位のアクセス解析が可能、オンライン、オフラインを問わずに顧客とのあらゆる接点に関するデータをトラッキングできる、複数のデバイスやWEBサイトをまとめて解析できるというのが主な特徴のようです。ITmediaの記事はこう書いてありました。サイト管理者にとって、詳しいデータを取得できるのはメリットだが、一般利用者にとっては、どのような方法でどこまでトラッキングされるのかが気になるところだと。トラッキングとは、「追跡」という意味です。このトラッキングについては、マイクロソフトがIE10にトラッキング拒否機能を標準搭載するというのでちょっと騒ぎになったこともありましたね。マイクロソフトはユーザーの情報を収集するというグーグルのやり方をよく思っていませんから、グーグルとは真逆のことをやってきます。メール機能にしても、ユーザーのやり取りしているメールを見るようなことはしないという発言もしていましたし。なぜマイクロソフトがこのような発言をしたかと言いますと、グーグルがGmailを閲覧していたり、情報を収集していると言われていたからです。それで、マイクロソフトはグーグルとの差別化を図るために上記のような発言をしたのだと思われます。このトラッキング拒否機能を標準搭載するというマイクロソフトの戦術に対して、オンライン広告で収益を挙げている企業は猛反対していました 。そりゃそうですよね・・・。オンライン広告で収益を上げている企業にとっては大切な収入源を絶たれるわけですから焦りますし大変な事態です。「DoNotTrack」、トラッキング拒否という意味で、略されてDNT機能と呼ばれています。このDNT機能、米連邦公正取引委員会も支持しているそうなのです。なぜ米連邦公正取引委員会がDNT機能のデフォルト搭載を支持しているかですが、オンライン広告業界に対して深い懸念を抱いているからだそうです。米連邦公正取引委員会は、オンライン・プライバシーに関する法律の整備を求めているといいます。これに対してオンライン広告業界は激しく抵抗しています。ネットユーザーの中にも、自分の興味がある物や事の広告が画面に表示されると気持ち悪いという人もいます。そのようなネットユーザーは、トラッキング拒否機能が標準搭載されたIE10にアップグレードする可能性は高いのです。

池袋、カウンセリングサービス
池袋カウンセリング

有害URL・虚偽記載サイトの順位を落とす逆SEOも対応可。風評被害対策
Yahoo(=Google)検索は更新URLに対して得点を一時的に与える。ブログの定期更新はSEO対策になる
各国Googleのベース(検索アルゴリズム)は同じ。英語圏SEOも対応可
被リンク設置から被リンク効果が順位に反映される迄の平均期間は?
「不動の1位表示」望むなら万年一位の「王者に相応しいコンテンツ」必要
本文(コンテンツ)のテキスト量と発リンク数。SEO効果高いのどっち?
Google SEOの価値
キーワードに沿ったコンテンツが上位表示のカナメ。情報不足も不利に
Google、「マイナス評価」導入と「コンテンツ優先・被リンク劣後」へ軸転換
一定期間毎に変わるGoogle検索アルゴリズムのパターン。順位変動原因
「コンテンツ役立ち度」は「独自性」より大事。Googleの内部SEO対策の勘所
ムーアの法則に乗ってGoogle検索エンジンは進化。能力は2年で倍増
ホストクラブやキャバクラサイトのSEO(コンサル+被リンク対策)も可能
弊SEOサービスの多くは2階建ての契約。1階部分の契約は終了後も残る
SEO集客成功の決め手は戦略。戦理・競争の原則に基づいた弱者のSEO戦略
PR