忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

季節


もうそろそろ、あと数日で2013年の3月が終わろうとしています。ということで、そろそろ始めたいキーワードです。4月から対策を始めるとして、あらゆることに左右されない、影響を受けないようにSEOを施して効果が出るようになるには最短で3ヵ月です。3ヵ月はかかると思ってください。約90日。Googleのキーワード「90日」です。4月から対策を始めたとすると、7月か8月に検索結果の上位に表示されていれば売り上げが上がるキーワードが望ましいです^^。お中元を考えている方もいるかもしれませんが、4月からお中元の対策をするのは一か八かです。検索結果の上位に表示されるかされないか非常にきわどいところだからです。もしかしたらギリギリ検索結果の上位に表示されるかもしれないという綱渡り状態だからです。一か八かでも良ければお中元というキーワードもギリギリ対策可能です^^。お中元は早い人では6月中旬~下旬にはもう考えていますから、今から対策するとなると、非常に一か八かなキーワードなのです。しかしお中元というキーワードで対策を今からしておけば、2014年のお中元の時期には、正常なSEOを施していればとても強いサイトになっているので、検索結果の上位に表示されているでしょうし、表示され続けているはずなので、2013年のお中元には間に合わなくても、今からの対策が無駄になるということはありません^^。ただし、条件はSEOスパムになるような施策は絶対しないということです。もしかしたらギリギリ上位に表示されるかもしれませんから、機会損失を避けたいと考えているのであれば、むしろ今からお中元の対策をしておいてもいいと思います。ギリギリ上位表示されれば売り上げにつながりますし、ギリギリ上位表示されそうなのに対策をしないことによって発生する機会損失を避けたいというのであれば、一か八かにかけて、「お中元」というキーワードで2013年4月から対策をするようにします。

コンサルタンツの武器はコンサルティング。被リンク対策Setで1位表示

退行催眠サービス
退行催眠

被リンク競走で勝ち続けられるようSEOサービス設計。被リンクの質と量
SEOサービスに順位保証は無い。故にSEO玄人のサービス選ぶ事が大事に
検索結果で上位表示され且つ人気ある商品であれば嫌でも「売れて行く」
Google SEO対策と衛星サイト更新
検索圏外に落ちない中長期的SEO集客の土台を築くには?内部&外部SEO
「高度な技術」が本当に必要とされるのは被リンク対策。内部対策に非ず
発リンクよりも被リンクの方が検索順位に大きな影響与える
両サイト(複数サイト)で記述が重複すると危険な箇所。Title重複は?
複数サイトの共通部分が同じ記述でも不利益は受けず。コンテンツは?
中小検索エンジンのリンクだけでも被リンクSEO技術次第で上位表示可
1URL1キーワードか1URL1意味で対策。SEO原則。検索エンジン目線とは
競争相手が弱く少ないキーワード早く順位上がる。競合強く多いと遅く
SEO業者選びのコツ。経験値と未来予測能力が重要。知識と技術は当り前
Google Webマスターツール最適化と検索エンジン最適化は違う。SEOとは
PR

解析


グーグルが新しいアクセス解析ツールを公開したとITmediaニュースが記事を配信していました。グーグルの新しいアクセス解析の名称は、「UniversalAnalytics」。ユニバーサルアナリティクス。・・・なぁんでこんな長い名称にしたかな^^;(笑)。今までのGoogleAnalyticsを強化したものが、UniversalAnalyticsだそうです。GoogleAnaliticsを使ったことはないのですが、どのように新しくなるかというと、匿名化されたトラッキングIDを使ってユーザー単位のアクセス解析が可能、オンライン、オフラインを問わずに顧客とのあらゆる接点に関するデータをトラッキングできる、複数のデバイスやWEBサイトをまとめて解析できるというのが主な特徴のようです。ITmediaの記事はこう書いてありました。サイト管理者にとって、詳しいデータを取得できるのはメリットだが、一般利用者にとっては、どのような方法でどこまでトラッキングされるのかが気になるところだと。トラッキングとは、「追跡」という意味です。このトラッキングについては、マイクロソフトがIE10にトラッキング拒否機能を標準搭載するというのでちょっと騒ぎになったこともありましたね。マイクロソフトはユーザーの情報を収集するというグーグルのやり方をよく思っていませんから、グーグルとは真逆のことをやってきます。メール機能にしても、ユーザーのやり取りしているメールを見るようなことはしないという発言もしていましたし。なぜマイクロソフトがこのような発言をしたかと言いますと、グーグルがGmailを閲覧していたり、情報を収集していると言われていたからです。それで、マイクロソフトはグーグルとの差別化を図るために上記のような発言をしたのだと思われます。このトラッキング拒否機能を標準搭載するというマイクロソフトの戦術に対して、オンライン広告で収益を挙げている企業は猛反対していました 。そりゃそうですよね・・・。オンライン広告で収益を上げている企業にとっては大切な収入源を絶たれるわけですから焦りますし大変な事態です。「DoNotTrack」、トラッキング拒否という意味で、略されてDNT機能と呼ばれています。このDNT機能、米連邦公正取引委員会も支持しているそうなのです。なぜ米連邦公正取引委員会がDNT機能のデフォルト搭載を支持しているかですが、オンライン広告業界に対して深い懸念を抱いているからだそうです。米連邦公正取引委員会は、オンライン・プライバシーに関する法律の整備を求めているといいます。これに対してオンライン広告業界は激しく抵抗しています。ネットユーザーの中にも、自分の興味がある物や事の広告が画面に表示されると気持ち悪いという人もいます。そのようなネットユーザーは、トラッキング拒否機能が標準搭載されたIE10にアップグレードする可能性は高いのです。

池袋、カウンセリングサービス
池袋カウンセリング

有害URL・虚偽記載サイトの順位を落とす逆SEOも対応可。風評被害対策
Yahoo(=Google)検索は更新URLに対して得点を一時的に与える。ブログの定期更新はSEO対策になる
各国Googleのベース(検索アルゴリズム)は同じ。英語圏SEOも対応可
被リンク設置から被リンク効果が順位に反映される迄の平均期間は?
「不動の1位表示」望むなら万年一位の「王者に相応しいコンテンツ」必要
本文(コンテンツ)のテキスト量と発リンク数。SEO効果高いのどっち?
Google SEOの価値
キーワードに沿ったコンテンツが上位表示のカナメ。情報不足も不利に
Google、「マイナス評価」導入と「コンテンツ優先・被リンク劣後」へ軸転換
一定期間毎に変わるGoogle検索アルゴリズムのパターン。順位変動原因
「コンテンツ役立ち度」は「独自性」より大事。Googleの内部SEO対策の勘所
ムーアの法則に乗ってGoogle検索エンジンは進化。能力は2年で倍増
ホストクラブやキャバクラサイトのSEO(コンサル+被リンク対策)も可能
弊SEOサービスの多くは2階建ての契約。1階部分の契約は終了後も残る
SEO集客成功の決め手は戦略。戦理・競争の原則に基づいた弱者のSEO戦略

安定


うちのメインブログのランキング下降および圏外になった件ですが、原因が判明しました!!!。このメインブログを立ち上げてからまだ一年経っていないのでした^^;(汗)。なので色々な現象が起こる時期なのだそうです。それによってランキングは落ちているし圏外にいったとのこと。そうだそうだ、まだ一年経っていないからうちのメインブログ不安定な状態でした。すっかり忘れていました^^;(焦)。でなければこんなペナルティを受けているような状態はおかしいと社内で言われました。それで気付きました。早く言ってくれよ~(笑)。メインブログの立ち上げてまだ1年経っていなかったような気がします・・・確か・・・(笑)。今コンテンツを充実させる時期だと思っています。ランキングが落ちているから、圏外になったからとやる気をなくして放置したままでいると、後々悲しいことになるような気がします。焦らず落ち込まず、コツコツと更新&強化した方がいいと思っています。

被リンク対策は「時間分散」が重要。被リンク設置時期の分散で自然化
「Yahoo!SEO」と「Yahoo! SEO」ではYahooの検索結果は異なる。
YSTのSEOなら中古ドメインだが、Google検索なら新規ドメインで十分
関連性有る(関連性高い)記事に被リンク設置不要。関連言及は効果大
対策開始時に「勝てるキーワード」選んだお客様のみ今現在も栄えている
スピード感求められる事業に向くキーワード広告。短期的成果は広告で
被リンク対策のみのサービス提供(販売)も可能。SEOサービス種類・大別
Googleページランクは検索順位に影響を与えるか?影響するが小さい
一過性一時的な順位ダウン順位落ちを気にしていてはSEO対策はできず
ペナルティ最も多いのは被リンク周り。コンテンツ周りもあるが少ない
旧時代(昔)の被リンクが多く付いていると順位上げるのに大変苦労する
SEO対策は「検索エンジン集客に向いた媒体、ブログ・HP等」で行う。SNSはSEO集客に向か無い
「被リンクのあて」を確保するのが先。SEO集客用コンテンツ作成は後
メインサイトは集中させる、サテライトサイトは分散させる
各キーワードで最適化されたコンテンツ群を用意すれば安定1位表示可
競争激しいキーワードほど上位表示に時間要するが対策すれば上がる